コンセプトメイキングについて

コンセプトメイキングについて

なぜコンセプトを決めるのが大事なのか?

コンセプトの作り方

コンセプトシート

既にコンセプトメイキングをされた方も
見返してみると自分の思いだったり、状況だったり
はじめに作ったものを見返してみると、自分がいる立ち位置が全く違うものになっていたりします

ですので、もう一度今日のお話を聞いて見返していただけたらと思います^^

コンセプトとは

誰に対して
どんなサービスを
どんなふうに売っていくのか?

と言うのを決めることです

ビジネスの柱なんですね

ビジネスの思いというのが変わっていなくても
提供する形が変わっていったり
対象が変わっていったりします

当初のコンセプトから変わっていって
今までのやり方とはまた違うやり方でやっていきたいなぁとか

変えていきたいなぁと思ったら
このコンセプトを変えていく時期なのかもしれません

ポジショニング

ビックポジション

ミドルポジション

スモールポジション

最初はニッチなところを狙う(ブルーオーシャン)
スモールポジションで1番になる!

ポジショニングと言うのは
自分がどの立ち位置で仕事するかという事なんですね

ポジショニングは大きく分けると

ビックポジション
ミドルポジション
スモールポジション

の3つに分かれます

例えば私でしたら、

ビックポジション   料理家 パン教室主催者
ミドルポジション   パン教室主催者の中でも、パン講師を養成している先生
スモールポジション  パン教室主催者の中でも、自分が料理業界で培ってきた仕組みを、他のジャンルの方にも教えている先生。料理家としても活動している。子育てしながら働くママ

ご自身のオリジナルや大手は独立して
これから自分にブランドをつけて活躍したいと思っている方のスクールをやっている
これが私のスモールポジションになります

そして最初はニッチな分野を狙う
これをブルーオーシャンと言ったりします

ブルーオーシャンとは

まだ手がつけられていない
のことで

いろんな説があるんですけれども、
レッドオーシャンと言うのはたくさん漁船があって
そこにはたくさんの魚がいるから
そこを狙ったほうがいいと言う説と、
ブルーオーシャンは魚が全くいないから
そこに行っても意味がないと言う説
誰も手をつけていないからこそ、そこを狙うべきだと言う説など
いろいろあるあるんですね

そして私はこちらは両方正しいと思っているんです

まずはこのスモールポジションの中で1番になる
ということが非常に大切になってきます

例えば飲食店でしたら
イタリアンレストラン
イタリア料理の中の北イタリア
北イタリアの中の肉料理専門店

この中でも私は北イタリアの中のお肉料理に関しては突出しているんですよ
と言うふうに自分の得意分野を打ち出していくことが大切なんですね

イタリアンレストランはたくさんありますし
飲食店もほんとに数え切れないほどたくさんありますよね

今日はイタリアンレストランが食べたいなと思う人たちに対して、

その中にどんなスモールポジションを狙っていくのか?

一軒家でひっそり佇む知る人ぞ知ると言う看板がないイタリア料理
そこではすごくプライベート感が味わえるし、
例えば記念日にいくと、お祝いのサービスが素晴らしい
接待に素晴らしいとか

人と言うのは、食べる時にも目的があるんですよね

家族連れで行くのか
赤ちゃん連れでもウェルカムなのか

お料理だけではなくてこういった環境で勝負をするっていうこともすごくいいですね!

自分がどういったところでこのお客さんに対して
サービスを提供していきたい

またスモールポジションと言うのは
自分が1番得意な分野を出していくのがいいです

ターゲット(見込み客)を決める

目的

自分にとって理想のお客様を見つける

できるだけ具体的に

ペルソナを作る

その人になりきる

ペルソナリサーチをする

ペルソナワーク

ターゲットと言うのは私もあまり好きな言葉ではないんですけれども、見込み客と言う事ですね

自分にとってどういうお客様が見込み客なのか?
というのを決めるということが大事なんですね!

実はターゲットを決めずに
来てくれたら誰でもいいかなぁみたいな感じで
ビジネスをスタートしてしまう方が非常に多いんですね

来てくれるお客さんに対しても
自分にとっても
すごく大切です

自分にとって理想のお客様を見つけると言うことと
それがどういう形なのか決めると言う事は
すごく大事です

自分にとって理想じゃないお客様がレッスンに来ると
人が人間ですから
やっぱり感情が動くわけです

自分にとって合わない人が来るわけですから
自分自身もハッピーでは無いですし、
お客さんにとってもミスマッチが起こってくるんですね

お客様にとってもサービスを提供されても
全然嬉しくないわけですよね

そうするとモヤモヤすることが非常に多くなってきてしまいます

ペルソナのワークをぜひやってみてくださいね!

ターゲットをより具体的に決めると言うことです

ネイルサロンをやられていたり
お教室だけでなくても、商売をやっている人は皆同じです

自分の商売に関係なくても、その人を特定するということがすごく大事です

例えば女性とか
40代女性
独身
大企業に勤めている
役職はマネージャー
部下は30人いる
営業職
その人の趣味、平日は会社に行っている
結婚していなくて独身
恋人はいるが、恋人は結婚を煮え切らない
そういうところまで全部細かく設定をしていくんですね
テニスをして、1日もぜーんぶ決めます
朝、6:30に起きてコーヒーを入れてお化粧をして出社して
お昼休みはおしゃれなランチに出かけて誰と食べて
お仕事は18時に終わった後に何をしているのか?
習い事をしているのか
もしくは家に帰ってのんびりしている
彼とデートをしているのか?
週末のスケジュールはこんな感じで、、、

みたいな感じでその方がどんな生活を送っていて
どんな思いをしているのか?

そしてこのAさん、どんな方なのか?
ペルソナリサーチをします

このAさんが自分の生活からあまりにかけ離れていると全くわからないわけですね

そしてその人の生活を想像して作ってしまうわけですね💦

その人が例えば理想のお客様なんだけれども
その人の考えてることが全くわからないと言うふうになってしまうと
難しいわけですよね

その方に感情移入するということがとても大事になります

まずその人のリサーチをすることが大事なんですね

30代後半の女性なのであれば
その人の悩みは何なのか
どんなことに興味関心があるのか

その人が身近にいる方なのであれば、実際に話を聞いてみる

普段何食べてるの?休みの日は何してるの?

そして1番大事なのが

どんな悩みがあるの?

ターゲットの悩みを100個書く

ターゲット(見込み客)の言葉を使う

ターゲットになりきる

普段使っていないけれど、心の中で使っている言葉は?

ターゲットはどんな人の話を聞くのか

調査(ネット相談掲示板、アマゾン本など)

チャンネル登録(無料)しておくと、
パン作りのコツ、料理撮影の方法、パンに合うおもてなし料理のレシピなど
定期配信が受け取れます。

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。

    SNSやブログでも日々発信しています。 友達申請やフォローはお気軽にどうぞ♪ (友達申請の際は「ブログ読者さん」だと一言メッセージくだされば承認しますね)
  • Facebook
  • Instagram
  • LINE@では『自宅パン教室を開く!先生たちのお悩み相談』を配信♪
    竹内への質問もこちらへお願いします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA